既卒就活に負い目を感じないための3ステップ

既卒就活負い目既卒で就活していると、既卒という事実を負い目に感じる人も多いようです。
私もそうでしたが、負い目を感じたネガティブな気持ちでは内定はもらえません。
ここでは、負い目を感じなくなる方法を紹介します。

1. 既卒になった理由、空白期間の説明を完璧に

まずは、既卒になった理由や空白期間に関して、完璧に説明できるようにしておきましょう。
というのは、負い目を感じる一番の原因がここにあるからです。
あまり考えたくないかもしれませんが、ここにしっかりと向き合うことで、負い目を払拭できます。

「自分はこういう理由で既卒になった」ということがはっきりすれば
気持ちの整理がつくので行動しやすくなります。
私も空白期間の説明ができるようになって
「既卒でもやらなければならない」「厳しくても頑張ろう!」という強い気持ちを持つきっかけになりました。

2. 既卒であることに慣れる

既卒で就活している人はわかると思いますが、負い目を感じるのは最初だけだったりします。

私も既卒就活を始めた当初は、既卒であることに負い目を感じていました。
しかし、やっているうちにそれが当たり前になってきたので、感じることも少なくなりました。
何よりも、企業の方々が普通に対応して頂いたことが大きかったです。
履歴書や募集条件などにより、私が既卒だとわかって面接しているので、嫌味を言われたりすることもありませんでした。
(新卒既卒両方OKのところでは何件かありましたが)

これによって私は
「既卒でも意外と普通に面接してくれるんだ。」
ということに気づき、ネガティブになることはなくなりました。

3. 開き直る

ここまでくれば、
「既卒で何が悪いのか」と開き直ることもできます。

既卒でも関係ない、というふうに気持ちを変えることで、ポジティブな考えが浮かび、覇気のある声で受け答えできます。
上手くいっていない人は、そういう心の変化も必要かもしれません。

まとめ

既卒になった理由を説明できれば、負い目を感じる必要はありません。
既卒に負い目を感じると、それだけでポジティブな気持ちが薄れてしまいます。
面接での受け答えも覇気がなくなりますし、答えもいいものではなくなります。

既卒として行動する勇気を持ち、それを継続していくことが、負い目を払拭することにつながります。

■ 既卒なら登録しておきたい就職サイト情報【無料】 ≫もっと見る
いい就職.com
いい就職.comは、10万人以上が利用している、既卒・第二新卒に特化した就職サイトです。既卒・第ニ新卒をメインとして扱っているため、既卒向けの求人情報が多数。既卒就活のためのセミナーや勉強会など、手厚いサポートもあります。

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」
詳細ページ
ウズウズキャリアセンター
既卒就活者に共通する大きな3つの悩みを解決してくれるのがウズウズキャリアセンター(ウズキャリ)です。
  • ブラック企業にあたるかも → 厳しい基準でブラック除外
  • どんな仕事あるの? →  セミナー・就活スペースで深く理解
  • 面接不安 → 既卒特有の面接ノウハウをレクチャー
この悩みを解決できれば、就活はかなりクリアになるはずです。
就活中の方はもちろん、「既卒就活について知りたい」「迷っている」という方も無料で登録できます。

話す、気づく、変わる就職活動を【ウズウズキャリアセンター】
詳細ページ
リクナビNEXT
リクナビNEXT リクナビと言うと新卒専用のイメージがあります。確かに、私が既卒就活していたときは、既卒は利用できませんでした。しかし、今はリクナビNEXTで既卒OK・歓迎の求人が多数あります。既卒向け求人なら、既卒でも利用可能です。毎週水曜日に情報が更新されますから、定期的にチェックしてみましょう。

リクナビNEXT
関連する記事

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: