面接で「学生気分抜けてねぇな」と思われてしまう若者言葉

敬語「そのまま使える」ハンドブック: できる人の「この言葉づかい」「この話し方」 (知的生きかた文庫)面接では、若者言葉を使うと「ビジネスマンとしての意識が薄い」と評価されてしまいます。
内容は同じでも、印象がまるで変わってくるので、若者言葉は使わないほうが得です。
ここでは、ついつい使ってしまう若者言葉を紹介します。

面接で評価を下げる若者言葉

(略語)バイト → アルバイト など
やっぱり → やはり
(ら抜き言葉)見れました、感じれました → 見られました、感じられました
超、めちゃくちゃ、めっちゃ → 非常に
ていうか → といいますか
はまってます → 熱中しています
微妙 → 何とも言えません
僕 → 私
『~ですよね』『~じゃないですか』など、不自然な同意を求める言葉
なんか、えーと、を使いすぎ
貴社 → 御社(貴社は書き言葉)

"僕"は、職種によってはギリギリセーフかもしれませんが、私に統一したほうが無難でしょう。
私の場合は『やっぱり』と『僕』をよく使ってしまっていた記憶があります。
面接もそうですが、履歴書やエントリーシートでもこれらの言葉を使っていることがあるので、見直しておきましょう。

就活期間だけでも

普段は若者言葉を使い、面接では使わない、というのは案外難しいものです。
用意している質問ならいいのですが、予期せぬ質問に答えるときには、口をついて出てしまうこともあります。
就活期間だけでいいので、普段から若者言葉を使わないようにしましょう。
意識してみると、日常生活で若者言葉をかなり使っていることがわかります。

誰でもできる

言葉遣いは、その人の能力や性格は関係ありません。
意識すれば誰でもできることなので、改善して印象を下げないようにしましょう。

■ 既卒なら登録しておきたい就職サイト情報【無料】 ≫もっと見る
いい就職.com
いい就職.comは、10万人以上が利用している、既卒・第二新卒に特化した就職サイトです。既卒・第ニ新卒をメインとして扱っているため、既卒向けの求人情報が多数。既卒就活のためのセミナーや勉強会など、手厚いサポートもあります。

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」
詳細ページ
ウズウズキャリアセンター
既卒就活者に共通する大きな3つの悩みを解決してくれるのがウズウズキャリアセンター(ウズキャリ)です。
  • ブラック企業にあたるかも → 厳しい基準でブラック除外
  • どんな仕事あるの? →  セミナー・就活スペースで深く理解
  • 面接不安 → 既卒特有の面接ノウハウをレクチャー
この悩みを解決できれば、就活はかなりクリアになるはずです。
就活中の方はもちろん、「既卒就活について知りたい」「迷っている」という方も無料で登録できます。

話す、気づく、変わる就職活動を【ウズウズキャリアセンター】
詳細ページ
リクナビNEXT
リクナビNEXT リクナビと言うと新卒専用のイメージがあります。確かに、私が既卒就活していたときは、既卒は利用できませんでした。しかし、今はリクナビNEXTで既卒OK・歓迎の求人が多数あります。既卒向け求人なら、既卒でも利用可能です。毎週水曜日に情報が更新されますから、定期的にチェックしてみましょう。

リクナビNEXT
関連する記事

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: