IT業界にめっぽう強い「ワークポート」のメリット・デメリット

ワークポート-IT求人ワークポートは業界唯一のIT専門の転職支援サービスです。若者、特に第二新卒の就職支援にも力を入れています。とりわけIT業界、ゲーム業界に強いので、そのあたりを狙っている方におすすめです。私が既卒就活してた頃も、IT業界は比較的求人数が多かったですが、ワークポートは比較になりません。ここでは、ワークポートの特長、利用の流れ、メリット・デメリットなどを紹介していきます。


ワークポートとは

ワークポートは、業界唯一のIT・インターネット業界専門の転職支援サービスです。
一方的に求人を押しつけるのではなく、【要望に対して応える】という姿勢でサポートしています。求人の紹介、 職務経歴書の添削、志望企業ごとの面接対策、年収交渉、円満退社まで転職活動を全面的に支援

特長は、
  • IT・インターネット業界のみで2000社と取引実績があり
  • 常時12,000件の求人案件を保有
  • 豊富な非公開求人情報
  • サービス利用は一切無料

【第二新卒向け転職のスペシャリスト】と豪語していて、第二新卒転職のお悩み相談もやっています。第二新卒の方は、チェックしてみましょう。

ワークポートの特長
ワークポート第二新卒

利用の流れ

ワークポートのサイトから転職支援サービスに申し込む

専任の“転職コンシェルジュ”からメール

面談(面接ではないので気軽に)

条件に合った求人情報の紹介

応募・書類作成・面接の対策をアドバイス

内定。内定後の調整や円満退社、転職後のフォローも充実

ワークポート利用の流れ

IT、ゲーム業界の求人数多数!

ワークポートの強みは、IT業界の求人数が多いことです。
特に、スマホ業界に強いですね。第二新卒の求人情報も充実しています。
IT求人-ワークポート

逆に言えば、IT業界以外だと求人数は多くないので、他の支援サービスを利用するといいと思います。これが唯一のデメリットですね。
IT以外の求人-ワークポート

就職後も長期的にフォロー

ワークポートは、就職した後も【条件に間違いはないか】【不都合なことはないか】などを長期的にフォローしてくれます。
内定後の不安も解消してくれるのは、安心感がありますね。

無料で成立する理由

ワークポートの利用は無料です。
「なぜ無料?」と思う方もいるかもしれませんが、希望者を企業に紹介すると、収益が発生する仕組みです。
そのため、利用する方はお金を払う必要がないんです。

ワークポートの仕組み

まとめ

ワークポートは、第二新卒で転職を目指す方、特にIT業界への転職を望む方におすすめです。
求人数が多く、手厚い支援を無料で受けられます。
SE、ゲームプロデュース、WEB関連など、カテゴリも多いので、「ITのこれ!」とピンポイントに決まっている方でも大丈夫です。もちろん、漠然と「ITかな。」というだけの方も、利用してみる価値はあると思いますよ。

公式サイト:ワークポート

第二新卒向けページ:第二新卒の転職【ワークポート】

■ 既卒なら登録しておきたい就職サイト情報【無料】 ≫もっと見る
いい就職.com
いい就職.comは、10万人以上が利用している、既卒・第二新卒に特化した就職サイトです。既卒・第ニ新卒をメインとして扱っているため、既卒向けの求人情報が多数。既卒就活のためのセミナーや勉強会など、手厚いサポートもあります。

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」
詳細ページ
ウズウズキャリアセンター
既卒就活者に共通する大きな3つの悩みを解決してくれるのがウズウズキャリアセンター(ウズキャリ)です。
  • ブラック企業にあたるかも → 厳しい基準でブラック除外
  • どんな仕事あるの? →  セミナー・就活スペースで深く理解
  • 面接不安 → 既卒特有の面接ノウハウをレクチャー
この悩みを解決できれば、就活はかなりクリアになるはずです。
就活中の方はもちろん、「既卒就活について知りたい」「迷っている」という方も無料で登録できます。

話す、気づく、変わる就職活動を【ウズウズキャリアセンター】
詳細ページ
リクナビNEXT
リクナビNEXT リクナビと言うと新卒専用のイメージがあります。確かに、私が既卒就活していたときは、既卒は利用できませんでした。しかし、今はリクナビNEXTで既卒OK・歓迎の求人が多数あります。既卒向け求人なら、既卒でも利用可能です。毎週水曜日に情報が更新されますから、定期的にチェックしてみましょう。

リクナビNEXT
関連する記事

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: