第二新卒も応援する「リクルートエージェント」のメリット・デメリット

リクルートエージェント有名な転職サービスとしてリクルートエージェントがあります。就職支援サービス最大手のリクルートが運営しているため、他の就職サービスにはないメリットも多いです。ここでは、リクルートエージェントについてのメリット・デメリットを紹介します。

求人数が多い

まず何よりも、求人数の多さがメリットとしてあります。
他の転職サイトが扱わないような求人情報もあるため、選択肢は大幅に拡がります。

また非公開求人も多いため、自分に合った求人を紹介してもらえる確率も高いです。

実績あるアドバイザー

リクルートエージェントは一人一人にアドバイザーがついて、転職をフォローしてくれます。
相性の良し悪しはあるものの、多くの転職を成功させてきた実績があるので、質の良いアドバイス・求人紹介を期待できます。

もし「アドバイザーではなく、自分で就活できる就職サイトがいい」という場合は、リクナビNEXTもあります。

通過率アップの面接力向上セミナー

面接力がアップするセミナーもあります。
リクルートエージェントのセミナーは面接通過率35%アップと言われており人気です。
元人事担当者など、その道のプロからアドバイスを受けられるので、面接力を上げるにはうってつけです。

第二新卒リクルートエージェント

すべて無料の理由

以上のような手厚いサービスのあるリクルートエージェントですが、すべて無料で利用できます。
無料の理由は、求人を出している企業からの【紹介手数料】によって事業が成り立っているからです。
そのため、利用する私たち(転職者)は無料でサービスを受けられるんです。

デメリットは?

リクルートエージェントは、既卒の就活で利用するのは少し難しいようです。
利用自体はできなくもないのですが、転職者をメインターゲットにしているので、既卒就活ではベストな結果が得られない可能性もあります。
求人情報を『既卒』でキーワード検索しても、数件しか出てきません(記事執筆時、非公開求人は含まない)。
既卒として就活している場合は、既卒メインのUTWO第二新卒AGENTneoのほうが良い結果が出るかも。

ただし、第二新卒であれば有効的に利用できます。
第二新卒の専用ページもあるので、第二新卒の方はリクルートエージェントが就活の流れを変えるきっかけになるかもしれません。

まとめ

リクルートエージェントは、転職する方にとっては登録必須と言っても過言ではないサービスです。
第二新卒のフォローもあるので、第二新卒の方も就活を有利に進められると思います。
また「転職するかどうか決めかねている…」という方の相談にも乗ってくれます。
自分の意志を明確化するために、活用してみるのもいいかもしれませんね。

■ 既卒なら登録しておきたい就職サイト情報【無料】 ≫もっと見る
いい就職.com
いい就職.comは、10万人以上が利用している、既卒・第二新卒に特化した就職サイトです。既卒・第ニ新卒をメインとして扱っているため、既卒向けの求人情報が多数。既卒就活のためのセミナーや勉強会など、手厚いサポートもあります。

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」
詳細ページ
ウズウズキャリアセンター
既卒就活者に共通する大きな3つの悩みを解決してくれるのがウズウズキャリアセンター(ウズキャリ)です。
  • ブラック企業にあたるかも → 厳しい基準でブラック除外
  • どんな仕事あるの? →  セミナー・就活スペースで深く理解
  • 面接不安 → 既卒特有の面接ノウハウをレクチャー
この悩みを解決できれば、就活はかなりクリアになるはずです。
就活中の方はもちろん、「既卒就活について知りたい」「迷っている」という方も無料で登録できます。

話す、気づく、変わる就職活動を【ウズウズキャリアセンター】
詳細ページ
リクナビNEXT
リクナビNEXT リクナビと言うと新卒専用のイメージがあります。確かに、私が既卒就活していたときは、既卒は利用できませんでした。しかし、今はリクナビNEXTで既卒OK・歓迎の求人が多数あります。既卒向け求人なら、既卒でも利用可能です。毎週水曜日に情報が更新されますから、定期的にチェックしてみましょう。

リクナビNEXT
関連する記事

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: