履歴書は手書き?それともワープロ?

履歴書-ワープロ手書き既卒就活でも履歴書の出来は重要です。履歴書に関しては【手書きかワープロか】といった議論がよくなされますよね。手書きにもいいところはありますし、ワープロのメリットもあります。それぞれのメリットデメリットを知って、適切な方法で書ければ印象も良くなります。

手書き・ワープロのメリットデメリット

まず、手書きとワープロのメリット・デメリットを確認しておきましょう。

手書き

【メリット】
  • 個性が出やすい
  • 温かみがある

【デメリット】
  • 字が見づらい場合がある
  • 修正しにくい
  • 複数枚書く際、時間がかかる

ワープロ

【メリット】
  • 見やすい
  • 修正しやすい
  • データがあればある程度の使い回しがきく

【デメリット】
  • 味気ない印象になる
  • 慣れていない場合は時間がかかる

書きやすい方で。条件があれば従う

履歴書は手書きかワープロか。
実は、どちらでもかまわないという企業が大半です。
なので基本的には、自分が書きやすい方でいいと思います。

ただし企業によっては、
『履歴書は手書きで』
『ワープロが好ましい』
といった条件があるところもあるので、そのときはそれに従いましょう。

業界・職種による違い

ただし、職種や業界によっては、どちらでも良いとはいえベターな方がある場合もあります。

例えば、IT業界や事務職はワープロが好まれるようです。
パソコンスキルの重要度が高いため、ワープロで履歴書を書くことで、最低限のPCスキルは持ち合わせていることが証明できます。

逆に、社員数の少ない企業や家族経営の会社など、人間関係が特に重要視されるところは、「手書きの履歴書で個性を知りたい」と考えるところもあるようです。

応募する企業の性質や雰囲気から判断するようにしましょう。

ワープロは使い回し感に気をつけよう

ワープロで履歴書を書くときは、あまりテンプレート化しすぎないように気をつけましょう。
ワープロは、一度書けば他の企業でも使い回しができるので便利ですが、「これは他の企業でも同じ文章を使っている感じだな」と思われると印象はよくありません。

手書きなら、使い回していてもそういった感じは出にくいのですが、ワープロだと使い回し感が出やすいです。
そのためワープロでは、その企業にしか当てはまらないようなオリジナリティのある文章が、手書き以上に重要になってきます。
経歴や資格はいいとしても、志望動機や自己PRは企業ごとに変えるようにしましょう

[関連記事] 履歴書をキレイな字で書くコツ【よるべん】
[関連記事] 履歴書の選び方・書き方のコツ

■ 既卒なら登録しておきたい就職サイト情報【無料】 ≫もっと見る
いい就職.com
いい就職.comは、10万人以上が利用している、既卒・第二新卒に特化した就職サイトです。既卒・第ニ新卒をメインとして扱っているため、既卒向けの求人情報が多数。既卒就活のためのセミナーや勉強会など、手厚いサポートもあります。

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」
詳細ページ
ウズウズキャリアセンター
既卒就活者に共通する大きな3つの悩みを解決してくれるのがウズウズキャリアセンター(ウズキャリ)です。
  • ブラック企業にあたるかも → 厳しい基準でブラック除外
  • どんな仕事あるの? →  セミナー・就活スペースで深く理解
  • 面接不安 → 既卒特有の面接ノウハウをレクチャー
この悩みを解決できれば、就活はかなりクリアになるはずです。
就活中の方はもちろん、「既卒就活について知りたい」「迷っている」という方も無料で登録できます。

話す、気づく、変わる就職活動を【ウズウズキャリアセンター】
詳細ページ
リクナビNEXT
リクナビNEXT リクナビと言うと新卒専用のイメージがあります。確かに、私が既卒就活していたときは、既卒は利用できませんでした。しかし、今はリクナビNEXTで既卒OK・歓迎の求人が多数あります。既卒向け求人なら、既卒でも利用可能です。毎週水曜日に情報が更新されますから、定期的にチェックしてみましょう。

リクナビNEXT
関連する記事

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: