面接で答えにくい質問を答えやすくするたった1つの工夫

既卒面接で言いにくいこと私が既卒就活の面接で最も嫌だったことは、答えにくい質問に答えなければならないことです。「どうして既卒になったんですか?」「卒業してからは何をしてたんですか?」等ですね。こういった質問はほぼ確実に聞かれるので当然準備してましたが、やはり答えるときはかなり緊張しました。詰め寄られている感じがしますよね。しかしある工夫をすると、ガラッと答えやすくなりました。

いの一番に言ってしまう

その工夫とは、聞かれる前に自分から話してしまうことです。
不思議なもので、相手に質問されてから答えると言いにくいんですが、聞かれる前に自分から話してしまうと言いやすいんです。

心理的には、「嘘ついたことを謝りたかったら自分から言った方が楽」というのに似ているかもしれませんね。
(面接で嘘はNGですが…)

自己PRに織り交ぜる

私は、自己PRに【既卒になった理由】【空白期間の説明】を織り交ぜるようにしました。
面接では、まず自己PRから話すことが多いので、ここですぐ言いにくいことも一緒に言ってしまう作戦です。

短所と既卒になった理由をリンクさせて、その反省を踏まえて長所をアピールしつつ就職活動していることを話しました。
「私の短所は○○です。それが原因で既卒になったと判断しています。卒業してからは△△をしていました。しかしこういった長所があるので、既卒の就職活動を前向きに続けられています。」

聞かれないことも

こうやって最初に言ってしまうと、既卒になった理由等を聞かれないこともあります。
説明が十分であればすでに理由を言ってしまっているので、当たり前といえば当たり前です。
これだけでも面接でのプレッシャーはかなり少なくなりますよ。

聞かれても答えやすい

また、改めて聞かれたときも答えやすい効果もあります。
たとえば、最初に大まかな空白期間の説明をしておくと、面接官もそれを理解した上で質問してくれます。
その場合、面接官がちょっと気になった細かい点を聞かれることが多いです。
それだけを答えればいいので、一から空白期間を説明するよりかなり楽です。

まとめ

既卒の面接では答えにくい質問もあります。
しかしそれは、【聞かれることが予想できるメリット】でもあります。
聞かれることがわかっているなら、自分から話してしまうほうがプレッシャーも少ないですし、面接もスムーズに進みやすいですよ。

こちらもどうぞ
既卒の「空白期間の理由」を面接で説明するとき知っておきたい4つのポイント
面接官が「え、また!?」と思うくらいよく聞いてくること

■ 既卒なら登録しておきたい就職サイト情報【無料】 ≫もっと見る
いい就職.com
いい就職.comは、10万人以上が利用している、既卒・第二新卒に特化した就職サイトです。既卒・第ニ新卒をメインとして扱っているため、既卒向けの求人情報が多数。既卒就活のためのセミナーや勉強会など、手厚いサポートもあります。

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」
詳細ページ
ウズウズキャリアセンター
既卒就活者に共通する大きな3つの悩みを解決してくれるのがウズウズキャリアセンター(ウズキャリ)です。
  • ブラック企業にあたるかも → 厳しい基準でブラック除外
  • どんな仕事あるの? →  セミナー・就活スペースで深く理解
  • 面接不安 → 既卒特有の面接ノウハウをレクチャー
この悩みを解決できれば、就活はかなりクリアになるはずです。
就活中の方はもちろん、「既卒就活について知りたい」「迷っている」という方も無料で登録できます。

話す、気づく、変わる就職活動を【ウズウズキャリアセンター】
詳細ページ
リクナビNEXT
リクナビNEXT リクナビと言うと新卒専用のイメージがあります。確かに、私が既卒就活していたときは、既卒は利用できませんでした。しかし、今はリクナビNEXTで既卒OK・歓迎の求人が多数あります。既卒向け求人なら、既卒でも利用可能です。毎週水曜日に情報が更新されますから、定期的にチェックしてみましょう。

リクナビNEXT
関連する記事

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: