なぜA社ではなく弊社なのですか?

けっこういじわるですけど、面接では定番っちゃ定番の質問です。

質問の意図

・会社についてどの程度理解しているかチェック
・熱意があるか
・志望動機が不十分だったときにも聞かれる
・実際のマーケティングで情報として使う


答えるポイント
・【採用されたらここで何をしたいか】が言えれば満点
・具体的な会社の特徴や企画を答える
・「自由な社風」や「家庭的な雰囲気」は使わない
・給料がいいから、というのもNG


以上をふまえると
やはり面接の一番のキーワードである具体的に答えるというのが
重要になってきます。
それには、会社のことをある程度知っておかないといけませんし
業界全体の流れについても把握する必要があります。

【自分がここに採用されなかったら、何ができなくて残念か】
というのを考えると、答えが導きやすいかもしれませんね。

■ 既卒なら登録しておきたい就職サイト情報【無料】 ≫もっと見る
いい就職.com
いい就職.comは、10万人以上が利用している、既卒・第二新卒に特化した就職サイトです。既卒・第ニ新卒をメインとして扱っているため、既卒向けの求人情報が多数。既卒就活のためのセミナーや勉強会など、手厚いサポートもあります。

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」
詳細ページ
ウズウズキャリアセンター
既卒就活者に共通する大きな3つの悩みを解決してくれるのがウズウズキャリアセンター(ウズキャリ)です。
  • ブラック企業にあたるかも → 厳しい基準でブラック除外
  • どんな仕事あるの? →  セミナー・就活スペースで深く理解
  • 面接不安 → 既卒特有の面接ノウハウをレクチャー
この悩みを解決できれば、就活はかなりクリアになるはずです。
就活中の方はもちろん、「既卒就活について知りたい」「迷っている」という方も無料で登録できます。

話す、気づく、変わる就職活動を【ウズウズキャリアセンター】
詳細ページ
リクナビNEXT
リクナビNEXT リクナビと言うと新卒専用のイメージがあります。確かに、私が既卒就活していたときは、既卒は利用できませんでした。しかし、今はリクナビNEXTで既卒OK・歓迎の求人が多数あります。既卒向け求人なら、既卒でも利用可能です。毎週水曜日に情報が更新されますから、定期的にチェックしてみましょう。

リクナビNEXT
関連する記事

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: