採用試験で問われる地頭力とは【フェルミ推定】

最近の採用試験は、どの企業も趣向を凝らしてきています。
中でも地頭力が問われるものが頻繁に出題されているようです。
地頭力とは、物事を論理的に筋道立てて考えることができる能力のことで、頭の良さを測るひとつの基準です。別名、フェルミ推定。
地頭力が問われる問題としては、
1.日本にポストの数はいくつありますか?
2.羽田空港の一日の利用者数は?
というものがあります。


1の解答例

東京-博多間は新幹線(時速200キロメートル)で6時間だから1200キロメートル、北海道から鹿児島まではその倍ぐらいなので約2400キロメートル、それを長方形の縦辺とすると横辺は約200キロメートル。そこから日本の面積を約48万平方キロメートルと推定する(本当は38万平方キロメートル)。日本は山地が多いので人が住んでいるのは30%とすると、約15万平方キロメートルが居住地域と考えられる。1平方キロメートルに1本のポストとすると「15万本」という答えが出る。正解は19万本だが、出題側は19万本という完全な正解を期待しているわけではなく、どのように推論しているかに力点を置いているのである。
引用元:地頭力の意味とは - Yahoo!辞書


上記にあるように、大事なのは正確な数字ではなく考え方です。
【どのようなプロセスで答えを導いたのか】が問われます。

地頭力を鍛える方法

地頭力は先天的なものが大きいとされていますが、時間をかければ鍛えることもできます。
○常に疑問をもつ
例えばレストランに行ったら、「なんでこのメニューが人気なんだろう?」とか「なぜこの時間帯は混んでいるのか?」など
何かにつけて疑問を持ってみるのが、地頭力を鍛えることにつながると言われています。

○問題に慣れる
こういった問題をたくさん解いていると考え方がわかってきます。
考える筋道やパターンを多く知っていれば解きやすくなるでしょう。

これからの採用試験は、知識では解けない問題が増えることが予想されますから、慣れておく必要があります。
あ、2の解答例は、飛行機の離発着数から人数を計算するのがいいようです。
地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
細谷 功
東洋経済新報社
売り上げランキング: 613

■ 既卒なら登録しておきたい就職サイト情報【無料】 ≫もっと見る
いい就職.com
いい就職.comは、10万人以上が利用している、既卒・第二新卒に特化した就職サイトです。既卒・第ニ新卒をメインとして扱っているため、既卒向けの求人情報が多数。既卒就活のためのセミナーや勉強会など、手厚いサポートもあります。

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」
詳細ページ
ウズウズキャリアセンター
既卒就活者に共通する大きな3つの悩みを解決してくれるのがウズウズキャリアセンター(ウズキャリ)です。
  • ブラック企業にあたるかも → 厳しい基準でブラック除外
  • どんな仕事あるの? →  セミナー・就活スペースで深く理解
  • 面接不安 → 既卒特有の面接ノウハウをレクチャー
この悩みを解決できれば、就活はかなりクリアになるはずです。
就活中の方はもちろん、「既卒就活について知りたい」「迷っている」という方も無料で登録できます。

話す、気づく、変わる就職活動を【ウズウズキャリアセンター】
詳細ページ
リクナビNEXT
リクナビNEXT リクナビと言うと新卒専用のイメージがあります。確かに、私が既卒就活していたときは、既卒は利用できませんでした。しかし、今はリクナビNEXTで既卒OK・歓迎の求人が多数あります。既卒向け求人なら、既卒でも利用可能です。毎週水曜日に情報が更新されますから、定期的にチェックしてみましょう。

リクナビNEXT
関連する記事

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: