履歴書の選び方・書き方のコツ

履歴書選び方書き方
既卒の就活でも履歴書は重要です。
履歴書は、選び方や書き方をちょっと工夫するだけでも見栄えが良くなります。ここでは、私が実践しているコツを紹介します。

履歴書を選ぶときのコツ

■厚いものを選ぶ
水性ボールペンで書いてもにじまないように、厚い紙の履歴書を選びましょう。なぜ水性ボールペンかというと、油性よりも水性のほうが格段に見栄えが良いからです。
特に、裏に志望動機などを書くタイプの履歴書ではこれが重要です。左右で書く場所が分かれている履歴書は、裏を見られませんが、表と裏に書くタイプの履歴書は、インクがにじんでしまうとそれだけで汚らしく見えてしまいます。

■空白が少なくなる履歴書
履歴書は、できるだけ空白が少ない方が望ましいです。なので、空白が少なくなる履歴書を選びます。
例えば既卒の場合、職歴の欄はほぼ空白になるので、職務経歴の欄が小さめの履歴書を選びましょう。

履歴書を書くときのコツ

■写真は最後に貼り付ける
履歴書は書き損じがあったら、また1から違う履歴書で書き直す必要があります。修正液はNGです。そうなったときに、最初に写真を貼ってしまうと、剥がさないといけないからです。

■写真の裏に氏名を

写真の裏に氏名を書いておきましょう。もしのり付けがあまく、剥がれてしまったときにも名前が書いてあればすぐにわかります。剥がれることはほとんどありませんが、もしなってしまったときのことを考えておくといいと思います。たいした手間じゃありませんからね。

他に
・水性のボールペンで書く
・自筆で書く
・誤字脱字をしたら1から書き直す
・空白はできるだけ少なくする
・日付は履歴書を書いた日ではなく、提出する日を書く
・志望動機などは、行間を空けたり、箇条書きを使ったりして、見やすい構成にこだわる
写真館で写真を撮る
・嘘は書かない
履歴書を書くときの注意点

履歴書は、書くのに慣れても神経を使うものです。なので、志望動機や日付以外の項目を、時間のあるときにまとめて何枚か書いておくといいですよ。志望動機だけ書けばいいのと、1から書き上げないといけないのとでは、労力が雲泥の差です。良い求人に出会ったらすぐ出せるように、準備しておきましょう。

■ 既卒なら登録しておきたい就職サイト情報【無料】 ≫もっと見る
いい就職.com
いい就職.comは、10万人以上が利用している、既卒・第二新卒に特化した就職サイトです。既卒・第ニ新卒をメインとして扱っているため、既卒向けの求人情報が多数。既卒就活のためのセミナーや勉強会など、手厚いサポートもあります。

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」
詳細ページ
ウズウズキャリアセンター
既卒就活者に共通する大きな3つの悩みを解決してくれるのがウズウズキャリアセンター(ウズキャリ)です。
  • ブラック企業にあたるかも → 厳しい基準でブラック除外
  • どんな仕事あるの? →  セミナー・就活スペースで深く理解
  • 面接不安 → 既卒特有の面接ノウハウをレクチャー
この悩みを解決できれば、就活はかなりクリアになるはずです。
就活中の方はもちろん、「既卒就活について知りたい」「迷っている」という方も無料で登録できます。

話す、気づく、変わる就職活動を【ウズウズキャリアセンター】
詳細ページ
リクナビNEXT
リクナビNEXT リクナビと言うと新卒専用のイメージがあります。確かに、私が既卒就活していたときは、既卒は利用できませんでした。しかし、今はリクナビNEXTで既卒OK・歓迎の求人が多数あります。既卒向け求人なら、既卒でも利用可能です。毎週水曜日に情報が更新されますから、定期的にチェックしてみましょう。

リクナビNEXT
関連する記事

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: