自己分析にこだわり過ぎると発生するリスク

既卒に限らず就職活動では自己分析が重要だと言われています。確かに自己分析は大事です。
しかし自己分析にこだわり過ぎると、あるリスクが発生します。

可能性を狭めてしまうリスク

そのリスクとは、自分の可能性を狭めてしまうリスクです。
例えば、自己分析の結果、人と話すのが好きでコミュニケーション能力も高いので、それを活かせる営業の仕事が向いている、という結果が出たとします。
そうすると営業の仕事を中心に就職活動をしていくと思います。
しかし、もしかしたら実際には営業よりも事務の仕事の方が向いているかもしれません。
事務でもコミュニケーション能力が発揮される場面がたくさんあるからです。
自己分析の結果に依存しすぎて事務の仕事に無関心になったら、それに気づくチャンスを失うことになります。
そうならないためには、以下の対策が有効です。

他人の意見を聞く

岡目八目という言葉もある通り、自分では気づかないことも他人なら気づいていることもあります。
自己分析に他者分析(他人の自分への分析)をプラスすることで、新しい可能性に気づくことができます。

説明会に足を運んでみる

説明会では具体的な仕事内容なども教えてくれるので、より仕事のイメージが鮮明になります。
そうすると自己分析とは関係ない仕事でも「いいかも」という気づきが生まれることがあります。
「あんまり関係なさそうだけど、とりあえず行ってみるか」という気持ちが必要だと思います。面接ではないのでフラッと行ってみるだけでもいいと思います。

まとめ

自己分析にこだわり過ぎると可能性を狭めることになるので、「自己分析の結果はあくまでもひとつの指標」と考えるくらいでちょうどいいのかなと思います。いろんな人の意見を聞いて、説明会にたくさん参加して、自分に合った職業を見極めて下さい。

■ 既卒なら登録しておきたい就職サイト情報【無料】 ≫もっと見る
いい就職.com
いい就職.comは、10万人以上が利用している、既卒・第二新卒に特化した就職サイトです。既卒・第ニ新卒をメインとして扱っているため、既卒向けの求人情報が多数。既卒就活のためのセミナーや勉強会など、手厚いサポートもあります。

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」
詳細ページ
ウズウズキャリアセンター
既卒就活者に共通する大きな3つの悩みを解決してくれるのがウズウズキャリアセンター(ウズキャリ)です。
  • ブラック企業にあたるかも → 厳しい基準でブラック除外
  • どんな仕事あるの? →  セミナー・就活スペースで深く理解
  • 面接不安 → 既卒特有の面接ノウハウをレクチャー
この悩みを解決できれば、就活はかなりクリアになるはずです。
就活中の方はもちろん、「既卒就活について知りたい」「迷っている」という方も無料で登録できます。

話す、気づく、変わる就職活動を【ウズウズキャリアセンター】
詳細ページ
リクナビNEXT
リクナビNEXT リクナビと言うと新卒専用のイメージがあります。確かに、私が既卒就活していたときは、既卒は利用できませんでした。しかし、今はリクナビNEXTで既卒OK・歓迎の求人が多数あります。既卒向け求人なら、既卒でも利用可能です。毎週水曜日に情報が更新されますから、定期的にチェックしてみましょう。

リクナビNEXT
関連する記事

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: